flight record

特に何ができるわけでもないが、飛行機が好き。 雑記を中心にした、いつまで経っても個人的興味の範疇を超えないブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

『ハサミ男』 殊能 将之

ハサミ男 (講談社文庫)ハサミ男 (講談社文庫)
(2002/08)
殊能 将之

商品詳細を見る


 んー、なんと言えばいいのだろう?

 個人的には、ちょっと合わない作品だったかもしれない。


 一応、良い作品だとは思う。
 でも感想を求められて、「面白かった」「凄かった」とは言いにくいなぁ。

 ミステリ要素や、終盤のどんでん返し。そういった点は割と高評価。ちょろっとネタバレされていた状態で読み始めたものの、素直に「へー、そうだったのか」と頷ける。

 でも物語の核となるミスリード部分に関しては、予想の範疇。
 それよりも、そのミスリードをどう生かしてラストに結びつけるのかを期待していたけど、衝撃的な展開もなく普通に終わった気がする。

 「実はこうでした!」
 「マジで!? それでどうなるの?!」
 「いや、それだけ」

                ……では、なんか寂しいと思うのだけど。


 印象としては、これが前編だったら良かったかもしれない、という感じ。
 丸々もう一冊分の文量の後編があって、"ハサミ男事件は更なる展開に"――みたいな。


 いや。だって、薄くない? この話。

 ミスリードに焦点を置き過ぎている気がして、全体的にメリハリがなくて希薄。
 だと、思うんですけどね。

 とりあえず、読後に残るものはあまりなかったと思う。

| 書籍 | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://flightrecord.blog91.fc2.com/tb.php/363-4e19e37e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。