flight record

特に何ができるわけでもないが、飛行機が好き。 雑記を中心にした、いつまで経っても個人的興味の範疇を超えないブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

仕事収め

 本日三月一日、スモッグみたいに空気が曇った朝にバイト先を出た。

 大学一年の秋。何の気なしに働き始めたファストフード店のアルバイトは、「いつ辞めてもいいように……」なんて思いつつも、結局は三年と約五か月も続いた。続けてしまった。
 一つのアルバイトに費やす歳月としては長い方だと思う。多分。



 次から次へと仕事を与えられ、深夜に一人っきりで厨房に放り出され、作業が全て終わるまで帰ることもできず。商品製造と清掃と資材の準備と、延々とそんなことばかり繰り返した三年間。
 吐き気がするほどこの仕事が嫌だった時期もあるし、同僚の成長速度についていけずに鬱気味になっていた時期もある。度々見え隠れする「こんなこともできないのか?」という他人の蔑視に、本気でバイトを辞めようと思った時期もある。
 でも続けた。「逃げるのが癪だったから」というのが半分と、折角身に着けた経験値を無駄にしなくなかったというのが半分ずつの理由。惰性もちょっとある。あ、いや、結構あるっぽい。

 結局サークルの原稿や学校関連のことを常に優先し続けて、かなりバイトはおろそかになっていたと思う。もう少し時間を効率的に使えば、もっとバイトを頑張って積極的に評価されに行くこともできたと思う。頑張りきらなかった。そこは明確な反省点。

 とりあえずこの三年間の成果を集約すると……、色々な人と出会ったことに尽きるのかな。
 負けず嫌いな人、堅実な人、怠惰な人、お調子者、勤勉な人、追い詰められていた人、こちらを見下していた人、単純に一緒にいて楽しい人、仕事に対する姿勢をまざまざと感じさせてくれた人、などなど。

 サークルのような場所とはまた違う出会い方・付き合い方だったと思う。実際は口に出せるほど彼らと深く付き合ってこれたわけではないが(そこまで器用じゃないんだ、俺)、感じるものは多々あった。

 そうやって思い起こしていくと、やっぱり最後は自分の下手糞な人付き合いについて嘆息するところに行きついてしまう。それはもうどうしようもない。バイト中、皆がオフで遊んだ日のことを話し始める度、軽い嫉妬と疎外感を覚え続けたのは自分のせいだ。俺って馬鹿ね、みたいな。

 つまるところ仕事も駄目、人付き合いも駄目。
 あれ、俺って予想以上に最悪じゃね?

 じゃあ突き詰めるところまで突き詰めて考えて、結局俺は三年以上も続けたアルバイトで何を得たの?って――ずっと眉をしかめてた。特にこの一か月。


 でもね今朝、「あー、このバイトを続けてきた良かった」と思うことはできた。
 ずっと一緒に働いてきた何よりの友人と握手してさ、大して教えることも教えてなかった後輩に頭を下げられてさ、ロッカーに「俺はこの店を辞めるぞー!」なんてネタを書いた紙まで入れてくれた後輩君もいたしさ、馬鹿話とか真面目な話とか、まぁ色々適当な話をしてきた後輩からお疲れさまでした云々、って感じの長―いメールまで貰ってさ。

 なんかね、もうそれだけでお腹いっぱい。

 仲良い人たちにはほとんど挨拶できなかったし、社員の方々に一通り「お世話になりました」とか言いたかったけど、シフトの関係で全然できず。

 でもなんかもーいいや。うん、いいや。
 適当に書き殴って推敲もしてない文章だけどいいや。


 三年と五か月もの間ありがとう。
 いい職場でした。


 ちゃんちゃん。






 そして絶好調で眠い。そろそろ寝ようかな。

| 大学生日記 | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://flightrecord.blog91.fc2.com/tb.php/327-f62259c3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。