FC2ブログ

flight record

特に何ができるわけでもないが、飛行機が好き。 雑記を中心にした、いつまで経っても個人的興味の範疇を超えないブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

『カナスピカ』 秋田禎信

カナスピカカナスピカ
(2007/06/11)
秋田 禎信

商品詳細を見る

 そういえば感想記事を書いていなかった的な本。このブログでレビュを書くのは自分なりの思考訓練でもあるので、読んだ本についてはなるべく書くことにしている。

 地球を観測するために異星人によって衛星軌道上に打ち上げられた人工衛星「カナスピカ」。だが隕石の衝突という不慮の事故で地表に墜落したとき、加奈という中学生の少女にその場を目撃されてしまう。
 カナスピカは人間の形に変形して人間社会に溶け込み、衛星軌道上へ帰還する方法を加奈と一緒に探すことになる――という話。


 『魔術士オーフェン』でブレイクした秋田さんの脱ライトノベル作品。脱ラノベっても、この人の書く小説はかなり以前より一般的なラノベの書き方から乖離していたので、それ自体に違和感はほとんどない。
 むしろ感じるものがあるのは、青春小説というテーマの方だ。「この人、こんなにもほんのりと温かい話を書けるんだ」と思わず感嘆してしまう。正直に言うと、読む前は「青春小説」というだけで含蓄の薄い浅めの話を想像していた。
 ところがこの『カナスピカ』の、なんと緻密に織り込まれたことか。ストーリーは予定調和で「よくある」展開なのだが、その「よくある」ものを面白く読ませるよう考えて書いてある。
 言うなれば【設定:児童書】【展開:児童書】【書き方:秋田禎信】。

 前半は地の文を意識することが多い。昔からの硬めの文体の癖を残しつつ、無闇に難解にならないよう語彙や表現に気を遣って書いている。ややそれに慣れていない感も見受けられたが、違和感は次第に消えた。
 中盤。ここいらでこの物語の魅力が理解できる。思考論理が根本的に違う人と機械とのコミュニケーション。その思考と会話のズレを日常シーンのさまざまなベクトルから描き出していた。且つその倒錯っぷりは現代人のほんのちょっとした隙間に潜り込んでくる。この辺から秋田禎信らしさが強くなってくる。
 そして終盤は……読んだ人のお楽しみだ。


 基本的には10代の子供たちに読んでもらいたい一冊。でも仕事に追われる大人たちにも是非目を通してもらいたい。バイトだの生活費だの単位だのとせかせかしている大学生も。
 日頃生活していて、ふとした瞬間に空を見上げるような精神的余裕がどれほどあるだろうか。
 冷静に考えれば、人は意外なほどに空を見ない。


 良いお話ですよ、『カナスピカ』。 
 これからも秋田さんの本を買い続けたいと、そう思える作品です。五つ星。



【追記】
 本書について、作者サイトからの引用。

 単行本です。
 いろいろな意味で思い入れの深い作品になりました。
 デビューして15年間やってきたこと、考えたこと、悩んだ結果の、ひとつの形なんだと思っています。
 この本に登場する中学2年生の加奈が、その15年で今まで育ててきた自分の娘みたいでもあります。

| 書籍 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://flightrecord.blog91.fc2.com/tb.php/226-7f240e80

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT