FC2ブログ

flight record

特に何ができるわけでもないが、飛行機が好き。 雑記を中心にした、いつまで経っても個人的興味の範疇を超えないブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

『NHKにようこそ! 8巻』 滝本竜彦&大岩ケンヂ

NHKにようこそ! 8 (8) (角川コミックス・エース 98-12) NHKにようこそ! 8 (8) (角川コミックス・エース 98-12)
滝本 竜彦 (2007/07/26)
角川書店

この商品の詳細を見る

 あえて言うことは何もないように思う。


 巻末に載っている作者のあとがき。それを読めば充分だろう。
 引きこもりやニートを取り扱うと、おそらく最後は「現状からの脱却」か「延々と続く堂々巡り」のどちらかに寄ってしまうのではないだろうか。つまり「社会復帰するか/しない」か。
 それで、やっぱり前者を選ぼうとすると難しい。物語全体が予定調和になってしまうし、読者を裏切る展開もなかなか期待できない。更に言えば「最底辺」から「人並程度」に上がっただけでは、読み手を感動させるのは非常に困難ではないだろうか。

 原作を読んでいないから、最初にそこら辺を作者がどう描いたのかは知らない。でもこの漫画版では、残念ながら失速したと言わざるをえないだろう。

 でもこのテーマは作者自身の命題であったろうし、それに真っ向から挑戦したのはある意味誉められるべきかもしれない。後半の迷走は誰の目から見ても明らかだったが、まずはこの8巻を持って完結である。頑張った方ではないだろうか。


 『NHKにようこそ!』は娯楽作品の様相を呈していても、根底にあるテーマは現代社会の重たい一面だ。終盤につれエンターテイメント性が薄れるのは当然だし、明確な解決がない内容なのだから取り扱いも難しい。

 個人的には最後まで「ただの娯楽作品」で貫徹しても良かったように思うが、それは個人の趣向の域に入るから言うべきではない……かな?

| 書籍 | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://flightrecord.blog91.fc2.com/tb.php/189-7e57c739

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT