FC2ブログ

flight record

特に何ができるわけでもないが、飛行機が好き。 雑記を中心にした、いつまで経っても個人的興味の範疇を超えないブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

零式艦上戦闘機

 今日も適度に肩の力を抜きまくって更新。
 よつうべにあった零戦の動画を紹介します。



 言わずと知れた、太平洋戦争初期の名機。零戦は「零式艦上戦闘機」の略で、アメリカでの呼び名は「Zero Fighter」もしくは「Zeke」

 この機体の強さは、とにかく徹底的に施された軽量化に尽きる。外板は米機より遥かに薄く、骨組みの部分も穴抜きしている。打ち込むビスの形状と重さにすら気を遣っているのは割と有名。
 その軽量さ故に、機動性は抜群。ただ、結果としては弱点の方が増えてしまった。「紙装甲」と揶揄されるだけあって防御性能は皆無に近く、被弾がパイロットの致命打に繋がることが多い。加えて、高速域に達すると機体が舵取りできなくなる。鹵獲された零戦をアメリカが研究した結果、「零戦との戦いは250kt以上の高速に引きずり込んでやれ」との対抗策を編み出されたほど。
 零戦の写真を見ていると、装甲が波打って見えるカットがないだろうか。あれは気のせいでもなんでもなく、薄い外板が本当にベコベコに歪んでいるのだ。飛行回数が多ければ多いほど、ああなりやすい。

 知らない人には「零戦=最強」というイメージがあるのかもしれないけれど、この機が栄華を誇ったのは戦争初期。それ以降は重武装化・防御性能の向上化と、零戦の機動性を殺す改良が重ねられていく。新型機を継続的に投入し続けたアメリカに比べ、貧弱なエンジンで重みばかりが加えられた零戦は次第に脅威ではなくなっていった。


 零戦は現在も世界各地で何機か、実機が保存されている。そのうち飛行可能なのは僅かだが、映画『パール・ハーバー』の撮影に使用された機もある。映画としての面白みはノーコメントだが、零戦の大編隊を描き出してくれた真珠湾攻撃のシーンは必見だと思う。


 零戦についての書籍では、今のところ俺はしか持っていません。文庫なのにカラー写真がふんだんに使用されていて、内容は多岐に渡る。880円とお高いが、買って後悔はしていない。
零戦は、いまも世界の空を飛ぶ (〓文庫) 零戦は、いまも世界の空を飛ぶ (〓文庫)
藤森 篤 (2006/07)
〓出版社

この商品の詳細を見る


 それにしても、レシプロ戦闘機ほど写真映えする飛行機はないと思う。日に照らされながら飛ぶ写真なんて最高だ。

| 飛行機 - 動画紹介 | 14:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://flightrecord.blog91.fc2.com/tb.php/157-cd165955

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT