FC2ブログ

flight record

特に何ができるわけでもないが、飛行機が好き。 雑記を中心にした、いつまで経っても個人的興味の範疇を超えないブログ。

<< 2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月 >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

シュトルモビク

 レポートまだ終わりません。今日〆切です(爆笑)
 途中からどうも体調がおかしいと思っていたら、風邪を引いたみたいです。連日朝寝とか、結構無茶しましたから当然かもしれません。でももうちょい頑張ってくれ我が身体。明日は試験だってあるんだ。

 風呂に入りたいです。でも独り暮らしでユニットバスなものだから洗い場がないんです。シャワーならともかく、湯を張ると色々面倒で。
 でもやはり温かいお湯に浸かって休みたい。風呂に入って意気軒昂、風邪も治って(まぁそのうち治るでしょう)体調万全……といきたいものです。

 風呂といえばこいつですね。IL-2通称シュトルモビク。やたら硬いバスタブ型装甲板。最初の飛行機カテゴリがこいつって(笑)
シュトルモビク

スポンサーサイト

| 飛行機 - 雑感 | 09:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スネオヘアー

 レポートを書いています。〆切直前の。
 内容はスネオヘアーの歌詞を語彙・語種・品詞等、日本語の各要素から分析して特徴を洗い出すというもの。統計取るのにエクセルも使っているんですが、なんかもう腕が錆びついていてうまくいかない。最後にいじったのは高校生の頃だったと思う。関数自由自在だったなぁ。

 ちなみにテクストには『悲しみロックフェスティバル』をセレクトしました。「悲しみ」の連呼が統計にどう影響するかと思っていたけど……あまり面白い結果にはならなさそう。言葉自体は特殊な品詞でもないし。
 そういえばまた新しいアルバムが出るらしいですね。どんな仕上がりになるか楽しみです。

 あぁ……記事書いている暇あったらレポート書き進めなさいって話。

| 音楽 | 21:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

トップガン

 昼寝したときに夢を見た。『トップガン』は実はシリーズ第二作目で、マーベリックの父親が主人公の、幻の第一作が存在する――なんて夢を見た。んなわけはないのだが。
 今思い返してみて、あの映画の功績は何だろうとふと思う。パイロットの日常描写は大部分がフィクションだし、シナリオが特に秀でているわけでもない(グースかごきりといったときは「おうわっ!」と思ったものだけど)。となるとアレか。トム・クルーズの出世作っていう看板か。――なんてぼんやり考えながら思い出す。そうだ。空中戦が面白かったんだ。
 ちなみにあの女性教官(名前忘れた)。なんか嫌いなんです。外見がニナ・パープルトンみたいで。
トップガン トップガン
トム・クルーズ (2006/04/21)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

| テレビ・映画 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

月刊Jウイング

Jウイングを買っているわけです。ヒコーキ雑誌の。
でも最近は半ば流し読み。目を惹く記事があんましない。せめて他誌みたいに、写真で一発ぐぐっと惹きつける力が欲しい。ライトニングⅡのコクピットを最初にすっぱ抜いたのも航空ファンだし。

でもヒコーキ雑誌なら、シュナイダーが一番だと思う。高いが。


| 書籍 | 03:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ローレライ

 ――を観ました。訳あって中盤くらいから。でも最後まで観た。
 福井晴敏の原作は読んでいないのだけど、ガンダム大好きさんであることは既知。なるほど確かに、中盤~終盤にかけてのシナリオをピースで分けると、見覚えがある要素だらけ。作りは潜水艦映画というよりもアニメ映画的だ。面白いかと言われれば……普通かな? 過去の潜水艦映画に不作はないという話があるが、これは違う気がする。なんとなく『レッド・オクトーバーを追え』をもう一度見返したくなった。
 飛行機好きの観点で一言述べるとすると、B-29が単機で飛び立つのはありえない。広島・長崎の原爆投下はどちらも原爆搭載機・写真撮影機・科学観測機の3機で行われているから――東京への原爆投下なんていう大作戦に随伴機がいないのは……ね。まぁ些事だけどさ、飛行機観てると気になるんです。そういうとことだけは。
 ていうか、搭載していたのがプルトニウム型だったら確実に誘爆しているよなぁ。ウラン濃縮型と違って安全装置外した状態で搭載されるんだから。最後に自艦(途中からだったから、結局最後まで艦名がよく判んなかった)が消息不明になるんなら、あそこで誘爆させてもよかった気がする。あそこの部分は物足りない感じ。女の子を中核にすえたり、恋愛要素を微妙に含ませたりと、潜水艦映画にしてはやっぱりイメージが軽めだったんだな。クルー全員で凱歌を斉唱しながら沈んでいくとかの方が格好よかったと思う。
 以上、超主観。レビュ書くには勉強が全く足りないや。勉強っつーか、作品を分析する眼識っつーか。


| テレビ・映画 | 01:06 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

ふぅ

ブログ完成。レイアウト変えまくった……
さて、晩御飯にしよう。

| 雑記 | 18:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

離陸準備――こんなことしている暇はないのだが

 レポートと試験が切迫しているのに、以前から興味を持っていたブログを作ってみるこの愚かさ。逃避エネルギーの使い方だけが日々巧くなっている気がする(笑)
 本当はもっと色々できるよう、ちゃんとしたHPを作りたかったのだけど……ものぐさ太郎なものだから更新が面倒くさくなると思う。だからブログ。多分これでも充分色々できるはず。

 今マイPCで再生している音楽はSeanNorthの『ライトフライヤ-フライ』。ライトフライヤーはいわずと知れた(?)ライト兄弟製作の飛行機のこと。人類初の有人動力飛行を成し遂げた名機だ。ときは1903年12月17日、初回飛行時間は12秒、飛行距離は36.6メートルだとか。

 あれから約100年。飛行機のエンジンは音速を既に突破しており、垂直離着陸やアフターバーナーなしでの音速飛行、推力偏向ノズルによる高機動……などなど、当時のライト兄弟からすればUFOにしか見えないような技術を有するに至った。
 100年後とは言わずせめて3日後には、俺もレポートが完成して試験勉強も万全な状態になっていればいいのだが。


(追記)ライトフライヤーの画像使いたかったけど、どこから拝借すればいいのか掴めなかった……。皆あぁいう画像はどうしているんだろうか。


| 雑記 | 13:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

<< 2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月 >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。