FC2ブログ

flight record

特に何ができるわけでもないが、飛行機が好き。 雑記を中心にした、いつまで経っても個人的興味の範疇を超えないブログ。

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

映画 『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』

スカイ・クロラ オフィシャルガイド-Surfaceスカイ・クロラ オフィシャルガイド-Surface
(2008/05/23)
中央公論新社書籍編集部

商品詳細を見る


 公開より遅れること二週間、ようやく観に行けました。
 前売券のお陰で気持ちも軽い。重ね重ねくまがえる君には感謝w


 感想としては、開始冒頭の空戦シーンでお腹いっぱい。
 あんな空中戦が見れただけでもう満足です。

 原作既読+飛行機スキーとしては全く問題なく楽しめたものの、本作、どうにも初見の人たち向きの話ではないように思う。
 映画館の雰囲気をざっくり分割すると、見入る/あくびをする/眉をしかめる、のどれか。
 
 暗中で誰かが呟いた「いつ終わるの?」の一言がやけに耳に残る。
 とりあえず上映中の私語は止めておくれ。

≫ Read More

スポンサーサイト

| テレビ・映画 | 21:43 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

映画『ZOO』

ZOOZOO
(2005/08/05)
小林涼子、市川由衣 他

商品詳細を見る


 たまたま機会があって観賞。そういや映画化されていたっけ、という感じで。
 クレジットを見ると2005年。もうそんなに前になるのか。

≫ Read More

| テレビ・映画 | 09:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

『戦闘妖精雪風』 BD-BOX&DVD-BOX

 もうすぐ『戦闘妖精雪風』のBD-BOXとDVD-BOXの発売ですね。

 ブルーレイの方は完全にNO眼中なんです(そもそも再生環境がない)が、DVDの方はやや興味があったり。なんでかっつーと、主役機メイヴのダイキャストモデルがついてくるから馬鹿か俺は。
 でもBD-BOXではデフォなのに、メイヴ付きのDVD-BOXは完全受注生産の特別セットだったりと、選択が迫られるところ。


 ま、今は一万円を超えるような買い物なんてしたくないのが正直なところです。多分買わないでしょうね。

 とりあえずバナーだけは貼ってみるか(イミフ


 

| テレビ・映画 | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

『バックドラフト』

バックドラフト バックドラフト
カート・ラッセル、ロバート・デ・ニーロ 他 (2006/04/01)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る


 密閉された室内で火災が生じた場合、酸素の減少と共に火の勢いが衰え可燃性のガスが溜まる。そこに、ドアを開けるなど急激に新鮮な空気が流れ込むと、残った火種が爆発的に燃焼する逆気流現象が発生する。それが「バックドラフト」。

 この映画はのめり込んだ。

≫ Read More

| テレビ・映画 | 16:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

あるいは裏切りという名の犬

あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション
ダニエル・オートゥイユ、ジェラール・ドパルデュー 他 (2007/06/08)
アスミック

この商品の詳細を見る

 兄が絶賛していた映画。DVDを借りての視聴とはいえ、久々に「映画を見る」ということをした。やっぱりこういう時間は作らないと駄目ね。

≫ Read More

| テレビ・映画 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

デスノート ディレクターズカット 完全決着版

 サブタイに『リライト』なんてついているから、疑わしくも本当にリライトを期待した俺って馬鹿ね。再編集だって予想はついていただろうに。

 しかしこれ、いかんせんタイトルが長い。
 フルで言うとデスノート ディレクターズカット 完全決着版 リライト 幻視する神』になるらしい。長杉。

≫ Read More

| テレビ・映画 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

『ぼくらの』

 っていう漫画(とアニメ)があるけど、どうも好きになれない。

 戦闘機のメカデザインが酷すぎるとか、そういう理由だけじゃなくて。

≫ Read More

| テレビ・映画 | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」‐2

 映画スカイ・クロラ』の公式ページが更新されましたね。
 押井守監督の記者会見の様子が見られます。興味ある方はサイドメニューのリンクからどうぞ。

 聞いてみると、ある種この作品が押井守の新境地になるのかな、と期待してきた。
 明らかにこれまでの押井とは違う。制作現場から毛色まで。映像がほとんど出ていない現段階で言えることも少ないけど、押井臭をほのかに漂わせつつ原作を活かした作品になりそうな感じ。


 森博嗣の『スカイ・クロラ』は戦争が背景ではあるけど、決して戦争モノの小説ではない。とても個人的な話だ。きちんとそのことについて押井自身が見解と挑戦について語っている、いいトレーラーだと思う。
 舞台は架空の欧州にしたらしく、原作との差異がどのように機能するかも楽しみだ。脚本家は女性とのこと。


 「情緒的な話を目指します」と監督は明言していた。
 もう公開初日に観に行くしかないな。
 

| テレビ・映画 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Gungrave -ガングレイヴ- (アニメ版)

 見返した。全部見て内容もほとんど覚えているのにも関わらず見返した。全話じゃないけどね。
 あのねー、やっぱり涙腺緩むね。ゲームとは全く違う路線を堂々と突っ走った脚本に拍手。現在編の出来栄えには不満が残るが、過去編には文句なし。これでアクションシーンにもう少し手間を掛けてあれば尚更最高だったのに。
 一番の問題はハードボイルドとSFの融和性だったが、やはりちょっと難しい面がある。舞台背景を(文明レベルにおいての)現代にしているから、シードの登場が突飛に感じた。かといってその要素を抜けば現代編に支障が出るのだが、この際グレイヴだけを異端の存在としても良かったように思う。シナリオからすればオーグマンがいる意味がない。
 アクションでは唯一、文治戦が素晴らしかった。かつての師弟として積もる感情を全て包括した、最期の演出も含めて文句はない場面だった。文治の蹴り上げ技が見られたこともあるし。他の戦闘に比べて力の入り方が全然違う。
 音楽について思うのは、やはりトライガンのイメージから抜け切れていないようなところはあった。ゲームにあったような疾走感とカタルシスに溢れる曲を使ってもよかったのではなかろうか。EDのScoobie Doである程度補完はされてるけど、少々物足りない。特にOP『ファミリィ』はトライガンの『H.T』よりはダウングレードだと思う。
 最後にひとつ。終盤は何度見てもいい。行き場の失くした二人が最後に行き着く場所は、やはりあの日々なのだ。

GUNGRAVE VOL.13 GUNGRAVE VOL.13
関智一、 他 (2005/02/23)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る

 それはそうと、次号のアワーズで『トライガン・マキシマム』が最終回。多分買うな、俺。

| テレビ・映画 | 14:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

リベリオン

 完全に戦闘シーンで魅せる映画。シナリオは悪くはなかったけど普通。小ざっぱりとした設定に小ざっぱりとした世界観、小ざっぱりとした展開で見終わった後は非常にさっぱりとした印象が残る。逆に言えばガン=カタがなければ凡作かそれ以下。
 ていうかえーと……リベリオンとガングレイヴ、どちらが先だったっけ? O.D.は確実に後だが、第一作の方は? プレストンの銃の持ち方が完全にブランドンと同じやね。まぁ内藤康弘はトライガン・マキシマムでもこれのオマージュやってるし、本流としてはやはりこの映画の方なんだろうなぁ、と。
 とある機会にウルトラヴァイオレットも見たのだが……映画館で寝てしまったから感想も言えない(笑) 実はローレライと同様に今回のリベリオンも途中から見たものだから、「何となく判った」程度であるのが厳しいところ。映画のガンアクションについても全然詳しくないから、レビュなんてとてもとても。とりあえず話題のガン=カタは出鱈目ながらも映像としてはよく映えた、とだけ。
 つーか↓のデザイン、どう見てもマトリックスやないけ。

リベリオン -反逆者- リベリオン -反逆者-
クリスチャン・ベール (2003/10/24)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る

| テレビ・映画 | 01:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。