FC2ブログ

flight record

特に何ができるわけでもないが、飛行機が好き。 雑記を中心にした、いつまで経っても個人的興味の範疇を超えないブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ローレライ

 ――を観ました。訳あって中盤くらいから。でも最後まで観た。
 福井晴敏の原作は読んでいないのだけど、ガンダム大好きさんであることは既知。なるほど確かに、中盤~終盤にかけてのシナリオをピースで分けると、見覚えがある要素だらけ。作りは潜水艦映画というよりもアニメ映画的だ。面白いかと言われれば……普通かな? 過去の潜水艦映画に不作はないという話があるが、これは違う気がする。なんとなく『レッド・オクトーバーを追え』をもう一度見返したくなった。
 飛行機好きの観点で一言述べるとすると、B-29が単機で飛び立つのはありえない。広島・長崎の原爆投下はどちらも原爆搭載機・写真撮影機・科学観測機の3機で行われているから――東京への原爆投下なんていう大作戦に随伴機がいないのは……ね。まぁ些事だけどさ、飛行機観てると気になるんです。そういうとことだけは。
 ていうか、搭載していたのがプルトニウム型だったら確実に誘爆しているよなぁ。ウラン濃縮型と違って安全装置外した状態で搭載されるんだから。最後に自艦(途中からだったから、結局最後まで艦名がよく判んなかった)が消息不明になるんなら、あそこで誘爆させてもよかった気がする。あそこの部分は物足りない感じ。女の子を中核にすえたり、恋愛要素を微妙に含ませたりと、潜水艦映画にしてはやっぱりイメージが軽めだったんだな。クルー全員で凱歌を斉唱しながら沈んでいくとかの方が格好よかったと思う。
 以上、超主観。レビュ書くには勉強が全く足りないや。勉強っつーか、作品を分析する眼識っつーか。


スポンサーサイト

| テレビ・映画 | 01:06 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。